• 地上デジタル放送
  • 戸建にお住まいの方
  • 集合住宅オーナー&管理組合の方
  • デジタル放送受信調査
  • 電波障害
  • ホームセキュリティ
  • 社員紹介
  • 地デジでお困りなら(集合住宅)
  • 浴室テレビ

デジタル放送受信調査

(地上デジタルテレビ放送の受信予測調査と対応)

 最近「電波障害施設範囲内でデジタル地上波を個別アンテナで受信できるかを調査して欲しい」とのご相談を多くお受けしております。今後、地上デジタル放送への切替直前には多くの調査の以来が集中することが予想されます。電波障害加入者様との折衝や協議など、スムーズな切替が行えるよう早期の対応をお勧めいたします。

アナログ波とデジタル波の違い

下図のようにアナログ放送の電波障害範囲はデジタル放送に比べ、大幅に縮小されます

アナログ波
アナログ波の展開イメージ
デジタル波
アナログ波の展開イメージ
※地上デジタル放送でも、ビルなどの障害物により電波が遮蔽され、電波障害が発生する場合があります。

受信障害の調査 (建設会社様、設計事務所様、電気会社様向け)

 受信障害の恐れがある中高層建築物を建築する場合は、受信障害範囲を予測・設定するために、工事着工手前から完成後に至る一連の調査を行なう必要があります。近隣住民様、周辺住民様との無用なトラブルを避けるため受信障害がどの範囲まで及ぶかを調査し、早期に対応されることを提案いたします。

 テクノスでは札幌市内で多数の電波受信調査、電波障害対策工事、施設保守管理の実績を積み重ねて参りました。日頃よりご多忙な担当者様の業務を軽減できるようサポートさせて頂き、スムーズで迅速な工事を心掛けています。

机上検討 現地調査は行わず、計算のみで障害範囲を予測します。以降の調査の準備も兼ねます。計算には建物情報 (平面図と立面図)と位置情報(建物の住所と配置図)が必要です。
事前調査 着工前に、机上計算結果による現地での予測障害範囲に於いて、実際の調査を実施します。その結果、最終的な 予測障害範囲(机上計算とは若干異なる)が決まります。
中間調査 着工後、建物完成前に実施します(実施するか否かは仕様書に依ります)。鉄骨やクレーン等に依り、 事前調査の予測障害範囲外でも障害が発生することがあり、必要に応じて実施することもあります。
事後調査 建物完成後に実施します(実施するか否かは仕様書に依ります)。この調査で最終的な障害範囲が示されます。